ベビーシューズとの違い

ヨチヨチ歩きをする赤ちゃんをサポートするベビーシューズと異なり、しっかりした歩行をするキッズシューズは、設計が若干異なる点に気を付けましょう。例えば、赤ちゃんの場合には裸足と同じように、つま先とかかとにきちんと力を入れることができる仕様でなければなりません。正しい歩き方をまだ身についていない月齢では、つま先に厚みのあるシューズを選ぶようにしましょう。キッズシューズでは厚みがないフォルムが多い傾向です。また、一歩歩いてはお座り、その繰り返しとなる歩行の練習には、屈曲性に優れたソールでなければなりません。なるべくなら、一般のキッズシューズよりも軽いものを選ぶようにもしましょう。

サイズ選び

ベビーシューズからキッズシューズへと成長する足、サイズ選びでは成長することを見越して、若干つま先にゆとりのあるサイズを選びがちです。しかし、足の形に合っていないのならば、爪が折れたりマメができたりすることもなきにしもあらず、また、隙間があれば、猛ダッシュするなどした際に脱げてしまうことになります。うまくつま先に力が入らず、歩行や走行距離が短くとも疲労感が出やすくなりますから気を付けましょう。

ヒモなしをチョイス

キッズシューズでは、滑りにくいものを選ぶようにしましょう。溝が深いものは滑りにくさがあります。また、ヒモで結ぶタイプより、マジックテープであったり、最近ではワイヤーレースと巻き取るダイヤルを備えたダイヤルシューズという着脱しやすい仕様のものもあります。蝶々結びができないキッズは意外にも多く、ヒモに引っかかれば転倒してケガをすることもなきにしもあらず、ですから、デザイン性より安全性で選びましょう。

広告募集中